建築家とつくる注文住宅なら「クラッセ・アーキテクチャー」

R+houseの優れた機能性
「高断熱」「高気密」
「換気性能」「高耐震」

注文住宅において重要なのは、「高断熱」「高気密」「高耐震」です。
R+houseでは、「高断熱」「高気密」「高耐震」に加え、withコロナの時代の今注目されている
「換気性能」にもこだわった高性能な住宅を実現する様々な工夫をしています。

快適な住まいの条件の一つに、「部屋の中が常に適温に保たれていること」が挙げられます。
デザインが優れている住宅でも、夏は暑くて冬は寒い住宅だとしたらいかがでしょうか。
“夏は涼しく、冬は暖かく”快適な住宅を実現するためには、以下のポイントが大切です。
 ・外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高い断熱性」
 ・住宅の部材同士の隙間を少なくし空気の出入りを少なくする「高い気密性」
 ・気密を高めた上で空気の通り道を作り、新鮮な空気を取り入れる「計画換気」
これらが揃うことで住宅を快適な状態で長持ちさせることができます。

断熱性

部屋の中が常に適温に保たれる「高断熱」

断熱性は、Q値(熱損失係数)またはUA値 (外皮平均熱貫流率)という指標で表され、数値が小さいほど熱が出入りしにくい高断熱な家といえます。 R+houseの断熱レベルは、国が2009年に定めた「長期優良住宅」の基準を大幅に上回るものです。

気密性

「高断熱」を実現する上で重要な「高気密」

気密性は、C値(相当隙間面積)という指標で表され、 数値が少ないほど気密性が高いことを意味します。
R+houseのC値の標準は、これまでの日本の目標5.0(㎝²/㎡)をはるかに超える1.0(㎝²/㎡)。
全棟C値測定を行い確認します。

計画換気

「高い気密性」と「計画換気」による優れた「耐久性」

計画換気とは、全体の気密を高めた上で空気の通り道をしっかりと確保し、常に新鮮な空気を取り入れ続ける仕組みのことです。
計画換気では、嫌な生活臭はや湿気、ハウスダスト等をしっかり換気します。
R+houseは高い気密性と正しい計画換気を実現していることに加え、万が一結露が発生しても、木材にダメージを与える前に水蒸気として逃がす構造をとっているのが特徴です。
これによって、耐久性の高い木造住宅を実現しています。
加えて最近では、新型コロナウイルスなど感染予防のためにも「室内換気」がさらに重要視されています。

R+house では、家族の思いを刻む住まいだからこそ、快適に健康に、長く暮らせる住まいにしたいと考えています。
正しく断熱して、気密性を高め、計画換気を行い、暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない、 快適な住まい作りを実現いたします。

耐震性

専門建築士のチェック&「R+パネル」で地震に強い家を実現

R+houseは、「建築士の厳密なチェック」と「“面”全体で力を支えるパネル工法」により、 地震に強い家を実現しています。

建築士の厳密なチェック

R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。

CHECK 1

建物への荷重

建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。

CHECK 2

風圧力

台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。

CHECK 3

地震力

地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。

CHECK 4

接合部の確認

外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。

CHECK 5

基礎の設計

建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。

CHECK 6

偏心率

建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

“面”全体で力を支えるパネル工法

R+houseは、オリジナルのR+パネルで“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。
面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。

アトリエ・クラッセの建築士はこちら

CONTACT

ほぼ毎日、無料相談会」開催中!

  • 資金
    計画
  • 土地
    探し
  • 間取
    相談

家づくりの疑問や不安をスッキリ解消致します。
相談・お見積もり無料!まずはお気軽にお問合せ下さい。

無料相談会開催中

0774-25-5333

「無料相談会の予約をしたいのですが」と、
お気軽にお電話、お問合せください。

閉じる