建築家とつくる注文住宅なら「クラッセ・アーキテクチャー」

高性能を追求した
快適で交代急な住宅

優れた性能

家族の思い出を刻む高性能住宅

デザインが自分好みでも、夏は暑く、冬は寒い住宅だとしたら・・・?
家族の思いを刻む住まいだからこそ、快適に健康に、長く暮らせる住まいにしたい。そんな思いをかなえます。

快適な住まいとは、部屋の中が適温に保たれている家の事。
暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。
正しく断熱して、気密性を高め、計画換気を行えば快適な住まいは実現できます。

快適で高耐久な住宅を実現するためにはこの3つが必要不可欠。
住宅の温熱環境と空気環境を長きにわたって守ります。

「高気密住宅」とは?

気密性を知るには、「C」値をみる。
C値は住宅の気密性をあらわす指標です。
ゼロに近いほど隙間が少なく、機密性能が高いと言えます。
住宅の隙間を減らすことで鉄損失を少なくするので、冷暖房用エネルギーの消費の低減が出来ます。
また、計画的な換気をコントロールしたり結露を解消するなど、生活環境の快適性を高めた住宅です。

「高断熱住宅」とは?

気密性を知るには、「Q」値もしくは「UA」値をみる。
住宅の断熱性能を示す目安となり、熱の逃げにくさを表しています。
住宅の外部と接する部分から熱が伝わらないように、室内と室外をエネルギー的にハッキリ区切ることを「断熱」といいます。断熱工事によって熱エネルギーの行き来が少なくなった状態が「高断熱」です。冷暖房効果が高いので、省エネルギー性能が高く、環境への負荷も少ない住宅です。

Q値・UA値は、住宅の断熱性能を表す指標です。小さいほど優れているといえます。次世代省エネルギー基準をクリアする一般基準は地域によりますが、一般的なIII地域・IV地域(東北の一部~九州も一部まで)では、下記のとおりです。

住宅の気密性能は、床面積1m2あたりの隙間面積で示され、数値が小さいほど気密性能が高い事を示します。日本の一般的なレベルは5.0(cm2/m2)です。

CONTACT

ほぼ毎日、無料相談会」開催中!

  • 資金
    計画
  • 土地
    探し
  • 間取
    相談

家づくりの疑問や不安をスッキリ解消致します。
相談・お見積もり無料!まずはお気軽にお問合せ下さい。

無料相談会開催中

0774-25-5333

「無料相談会の予約をしたいのですが」と、
お気軽にお電話、お問合せください。

閉じる